読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良真の徒然ブログ

良真(りょうま)の情報ブログ

自由な変動を妨げ機能を低下させる懸念がある

良真です、第1は物価安定に関する数値目標、すなわちインフレターゲットだ。
中央銀行がインフレ率2%という目標値を明示し、人々の期待に働きかける。
目標設定にあたり2%という数値の妥当性や、物価上昇率や物価水準でなく名目国内総生産を対象とすべきかといった議論があるが、 金融政策の枠組みとして現在では世界標準といえる。
第2は時間軸政策、海外でフォワードガイダンスと呼ばれる政策だ。
中銀が将来の政策方針を示し、人々の期待インフレに働きかける。
日銀は今年9月に消費者物価上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまで金融緩和を続けることを決定し、従来の2%を2%超へ引き上げ期待インフレへの働きかけを強化した。
日銀は世界の中銀に先駆けて時間軸政策を1999年から採用し、いくつかのメッセージを公約として発してきたが、実際の効果ははっきりしない。
その公約はハードルが高いほど人々の期待に働きかける効果は大きいと考えられるが、日銀の将来の政策を制限するというコストを伴う。
第3は量的緩和政策だ。
13年以降黒田東彦総裁の 下で、日銀は大量の国債購入による量的緩和政策を実施した。
少なくとも2015年夏までは円安・株高をもたらし、期待インフレや景気に好影響をもたらした。
その後は原油価格の急落や円高傾向で効果が薄れ、購入できる国債の量に制約があることも意識された。
第4は質的緩和政策だ。
日銀は上場投資信託を中心にリスク性資産を購入している。
その高値安定は期待インフレを高め、資産効果を通じて景気を刺激する。
他方で日銀の株式購入が株価の自由な変動を妨げ、資金を成長企業に振り分ける株式市場本来の機能を低下させる懸念がある。
レコメンド・メッセージです!
ノートンウイルスバスターについても同様で、昔は高いセキュリティ機能と引き換えにパソコンの動作が重くなっていましたが、最近では高いセキュリティ機能はそのままにパソコンへの負荷はどんどん小さくなって来ています。
ウイルスバスターに関して言えば、ウィルスのパターンファイルの更新などをほとんどウェブ上のクラウドに置いており、ローカルにあるユーザーのパソコンには最低限のものだけをインストールする為に非常に動作は軽くなっています。
ノートンに関しては、従来のモデルに比べて、メモリ使用率、ファイルコピー時間、ブラウザ起動時間、ファイルスキャン時間、ファイルのダウンロード時間が軒並み高速化しています。
ノートンウイルスバスター