読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良真の徒然ブログ

良真(りょうま)の情報ブログ

中長期の税収増加につなげることだが副作用も強い。

良真です、混乱に怒り心頭かと思いきや、庶民は意外と冷静だ。
ニューデリーの銀行支店前で行列を作っていた人たちに片っ端から今回の廃貨措置の感想を尋ねると、3人に2人は賛成と答えた。
使用人に並ばせ、自身は植え込みの縁に座り順番を待つ陸軍将校は愚かな誤りだと批判したが、失業男性は手際は悪いが非常に良い決断。
運転手も不正 資金を失い富裕層貧困層と同じになると喝采する。
背景にはインド国内の富の偏在がある。
成人人口の3%の富裕層が同国の家計資産の64%を握るとの分析もある。
富裕層が節税策に利用してきたのが現金による蓄財だ。
税当局に収入を捕捉されるのを嫌い、銀行預金より手元に現金を置くことを好むインド人は多い。
不正資金は国内総生産の2割以上に上るとされる。
5%前後の高インフレが続く国でタンス預金は資産価値の目減りと裏腹だ。
庶民はそれで苦しむが、富裕層は不正資金を巧みに運用し、むしろ膨らませる。
例えば不動産投資。
インドは先進国ほど地価が明確でない。
例えば実勢2億円の土地は、帳簿上の価格を1億円に設定して小切手などの表の資金で決済し、残る 簿外の1億円は裏の現金で支払う。
地価上昇に伴い、転売時には表も裏も利ざやを得られる。
富裕層の間では8日夜、2紙幣が有効なうちに金や宝飾品を買い込む動きが相次いだ。
政府の思惑通りに現金を銀行に持ち込めば、所得の源泉を聞かれ不正が露見する。
ある衣料品販売業者は不正蓄財した現金を従業員に配って個人口座に預金させ、交換した紙幣を数カ月後に会社に返すよう指示した。
モディ政権の狙いは、地下資金の捕捉率を高めて、中長期の税収増加につなげることだ。
ただし廃貨という劇薬は副作用も強い。
気になるキーワード「まつ毛美容液」についての情報です。
ラティース
ラティースによっての副作用の書き込みも見られましたよ。
実際に使用をして現れた副作用として瞼の痒みや瞼が赤くなるなどの副作用が現れたり、他にも色素沈着や目の充血といった症状が現れてしまった方がいたんです。
また他にも、使用をストップさせると伸びなくなり、抜けてしまったりしてしまうといった声も多く聞かれました。
しかし、これらのデメリットは使用方法などを適切に行うことで解消することもできるように思えました。
例えば痒みなどの副作用のリスクを減らすためには、まつ毛の生え際と目の際だけに塗るようにする事で絶対ではありませんが、副作用のリスクを減らすことができます。
瞼にまで薬液が塗ってしまうと、それだけでもかぶれてしまったりしますので、塗る際には注意して塗ることを心がけたほうがいいようです。