読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良真の徒然ブログ

良真(りょうま)の情報ブログ

独自ドラマなども制作し、番組によっては300万人が視聴

良真(りょうま)です、時間がないときに使う。
早いし便利で宅配人の態度もいいとオフさんは満足そうだ。
LINEマンはタイ最大の飲食店口コミサイトWongnaiと提携し、約1万店から注文できる。
飲食店の配達サービスはあるが、店舗数は300店前後という。
店やメニューの選択肢が一気に広がった。
配達は香港が拠点の宅配業者ララムーブのバイク便を活用する。
タイに約9000店あるコンビニ最大手セブンイレブンが扱う商品も注文できる。
お店や宅配サービスと連携し商品を顧客に届ける手法は幅広く応用できる。
年内にLINEマンで2つの新サービスを開始予定だ。
タイでは無料対話アプリが大人気だ。
ネット事情に詳しい電通のタ イ子会社のエグゼクティブ・ディレクター、ノラシット氏はタイ人は知り合いと頻繁に情報をシェアする文化があったと指摘する。
タイの対話アプリ市場では、米ワッツアップや中国の微信など世界大手がひしめくが、LINEはその先頭を走る。
キャラクターの表情で気持ちを伝えるステッカーがタイ人の気質に合致した。
LINEカンパニータイランドのアリヤ・パノムヨン社長は説明する。
2011年にタイでサービスを開始したLINEは14年に現法を設立し、現地仕様のステッカーを充実した。
直近のユーザーは3300万人を超え、約6700万人のタイの人口の半分が使っていることになる。
一方で、ユーザー数の増加ペースは鈍化を避けられない。
新たな収入源の確保という意味もあり、導入した のがタイ独自の新サービスだ。
LINEマンのほか、15年2月には無料動画配信サービスLINETVを開始。
独自ドラマなども制作し、番組によっては300万人が視聴する。
タイ LINEマン